So-net無料ブログ作成

とっさの救命措置 駅員らに感謝状 千代田区のJR有楽町駅(産経新聞)

 千代田区のJR有楽町駅で、心肺停止状態になった男性(52)に救命処置を実施したとして、東京消防庁丸の内消防署は31日、駅員の男性ら4人に消防総監感謝状などを贈った。

 感謝状が贈られたのは、有楽町駅員の小林大輔さん(30)、警視庁丸の内署の山内正彦巡査長(27)、警備員の苅宿誠さん(26)。また、丸の内消防署の今井忠一消防司令長(60)には、消防総監賞が贈られた。4人は26日、連携して人工呼吸や自動体外式除細動器(AED)を使って、男性の呼吸を回復させた。

病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)
首相、あす滋賀県入り(時事通信)
<わいせつ行為>国交省係長を逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
2年連続の減少 09年度のゲーム市場規模(産経新聞)
園田氏が離党届提出 自民前幹事長代理(産経新聞)

ペコちゃん盗、「社会的影響大きい」と実刑(読売新聞)

 洋菓子店「不二家」のペコちゃん人形を盗んだとして窃盗罪に問われた大阪府大東市、無職安川健一郎(45)、同門真市、塗装工鍋田保(44)両被告の判決が25日、和歌山地裁であった。

 国分進裁判官は「社会的影響の大きい事件を起こした」として、安川被告に懲役1年8月(求刑・懲役2年)、被害弁償をした鍋田被告に懲役1年2月(求刑・懲役2年)の実刑判決を言い渡した。一連のペコちゃん人形盗事件で、判決が出るのは初めて。

 判決によると、両被告は住所不定、無職稲葉洋被告(43)(窃盗罪などで公判中)と共謀し、2008年8月31日午後5時20分頃、三重県伊賀市の不二家店頭からペコちゃん人形1体(5万円相当)を盗んだ。

<独禁法違反容疑>ジョンソン・エンド・ジョンソン立ち入り(毎日新聞)
<東京7歳児死亡>傷害致死罪に訴因変更請求 東京地検(毎日新聞)
<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)
関東北部で震度3(時事通信)

機密費全面公開に否定的=「国益にプラスなのか」−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は24日午前の記者会見で、鳩山由紀夫首相が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を一定期間後に全面公開する方針を示したことについて「5年、10年後にオープンにすると言ったときに、(情報提供者から)情報をもらえるのか懸念する。国益にプラスなのか、考えなければいけない。そのことを首相に言いたい」と否定的な見解を示した。 

<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)
神戸でも民家全焼 1人死亡(産経新聞)
「しんぶん赤旗」配布で2審は逆転無罪(産経新聞)
<東大>2983人が卒業 進む「脱官僚」 高まる外資人気(毎日新聞)
子どもの心の診療提供、医療計画に「記述あり」は2割弱(医療介護CBニュース)

雑記帳 「気持ちよく勝たせてあげちゃった」(毎日新聞)

 4月3日に開幕する野球の独立リーグ「ジャパン・フューチャーベースボールリーグ」に参戦する三重スリーアローズが27日、タレントの萩本欽一さんが率いるクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」とのオープン戦を、津市の津球場で行った。

 萩本さんは試合前、三重の松岡弘監督に「こっちはお笑いチーム。ムキにならないでよ」と話しかけるなど軽妙なマイクパフォーマンスを披露。約6000人の観客を楽しませた。

 試合は三重が2−1で劇的なサヨナラ勝ち。萩本さんは「気持ちよく勝たせてあげちゃった」と、最後まで観客を笑わせていた。【福泉亮】

【関連ニュース】
ゲバゲバ90分!:伝説のギャグ、40年ぶりに復活 社屋移転で発見のテープ復元
社会人野球:来年度大会、日程決まる−−県野球連盟 /青森
コント55号:欽ちゃん、二郎さん 久々2ショット「もう最後…」 したまちコメディ映画祭
はしのえみ:「お嫁に行きました」夫婦そろい舞台で宣言 “父親”欽ちゃん「泣けてきちゃった」
コメディ映画祭:笑いの聖地・浅草で開幕 栄誉賞・小沢昭一ら芸者衆と赤じゅうたん

埼京線の一部が運転再開、山手線内回りなど運転見合わせ続く(産経新聞)
「せんとくんカプチーノ」登場=奈良〔地域〕(時事通信)
輿石氏土地疑惑「脱税の疑いも」 自民PTが視察(産経新聞)
<雑記帳>議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)

再議否決なら原案賛成も=築地移転予算修正で−都議会民主(時事通信)

 東京都の築地市場(中央区)移転計画をめぐり都議会最大会派の民主党は24日の議員総会で、豊洲新市場予定地(江東区)の用地取得費約1260億円分を来年度予算案から削除する同党提出の修正案が再議で否決された場合、用地取得費削除前の当局原案への採決対応を執行部に一任することを了承した。
 これにより、同党が最終的に当局原案に賛成し、移転計画中断が回避される可能性が出てきた。総会では、修正案提出を正式決定した。 

パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)
<電波望遠鏡ALMA>日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)
外国人の子、国内居住要件に=子ども手当で検討−長妻厚労相(時事通信)
山手線など一時不通、4700人が車内缶詰め(読売新聞)

<阿久根市長>司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長は16日配布した広報紙「広報あくね」3月号で、懲戒免職処分とした元係長との法廷闘争を巡り、「相手が裁判官であっても妥協しません」と司法への対決姿勢を鮮明にした。市長は未払い賃金支払いを命じた鹿児島地裁判決に従わず、地裁川内支部が市の預金差し押さえ手続きを始めるなど異常な事態となっている。

 市長がコラムで批判したのは、裁判所のほか、3職員の降格の取り消しを判定した市公平委員会。「おなじ公務員の裁判官や元(市)職員などによってなる公平委員会が、自分の為の仕事をしたと感じている。公務を自分のためにやってはばからないというのでは、訴えた職員たちと同じ」などと独自の視点で非難。また、「職員組合がよりどころにしてきたのが、裁判と公平委員会、そして道理無用の多数決議会」とも言及した。

 また、広報紙では市民アンケートも掲載し「議員報酬は現状か、日当制か無報酬か」など3項目を質問、郵送での回答を求めた。反市長派市議は「相次ぐ裁判敗訴や最近の議会出席拒否で高まった自分への批判をかわすのが狙いでは」と冷ややかに批判している。【馬場茂】

【関連ニュース】
阿久根市長:賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ
阿久根市長:「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否
阿久根市長:出席拒否続く 市議会空転
阿久根市長:元係長への賃金支払い命令…鹿児島地裁

水子地蔵、11体盗まれる=見た目は金属製−埼玉(時事通信)
みんなの党 「自民党は終わった」 渡辺喜美代表が講演で(毎日新聞)
アレフの被害弁済、20億円残=追加支払いは360万円−オウム事件(時事通信)
<ニュース1週間>パラリンピック、スキー新田が金メダル/クロマグロ禁輸案を委員会否決(毎日新聞)
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前−海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)

<新型インフル>ワクチン接種は推定2278万人(毎日新聞)

  新型インフルエンザワクチン接種が可能になった昨年10月から今月9日までに推定2278万6533人が受けたと、厚生労働省が12日、発表した。医療機関に納入された出荷量から分析した。

 接種後の死者は131人で、うち3人が医療機関から「接種との関連あり」と報告された。発熱などの軽い副作用は2389人、意識を失ったりする「アナフィラキシーショック」など重い副作用は402人でみられた。厚労省は「他のワクチンに比べ副作用の報告数は多いが、医師が注意深く監視している背景があり、詳細に調べたい」としている。

【関連ニュース】
新型インフル:余るワクチン 欧米でWHO非難も
ヒブワクチン:「全員に」未接種で子亡くした両親訴え
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 識者の話
クローズアップ2010:新型インフル、余るワクチン 「ピーク越えた」認定議論

地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ(医療介護CBニュース)
「空飛ぶ首相官邸」政府専用機はペアで飛行(読売新聞)
スカイマーク「言語道断」=操縦室の記念写真公開−前原国交相(時事通信)
小林千代美議員、13日聴取…違法献金認識焦点(読売新聞)

ベッカム夫妻も愛用!マクラーレン専門ベビーカー泥棒(スポーツ報知)

 警視庁立川署は12日までに、ベビーカーを盗んだ窃盗の疑いで住所不定・無職の藤川亮容疑者(29)を逮捕した。高級品として知られる英マクラーレン社製のベビーカーを狙って盗んでいた同容疑者は「生活費が欲しくて約20台を盗み、リサイクルショップに売った」と供述している。

 あのベッカム夫妻も愛用した英マクラーレン社製ベビーカーの連続窃盗事件が発覚した。

 立川署によると、藤川容疑者は昨年11月、東京都国立市の大学院生男性(32)のベビーカー1台(約1万円相当)を盗んだ容疑で逮捕された。調べに対し「食べるために約20台を盗んだ」と供述している。

 アルバイトを転々としていた藤川容疑者は、立川市のアパートを家賃滞納で退居した昨年5月頃から「ベビーカー盗み」を開始。同市と国立市を中心にアパートやマンション、幼稚園や保育園などに忍び込んでは盗みを繰り返した。盗品はリサイクルショップに3000〜1万円で売っていた。高く売れた時はネットカフェに泊まり、安かった時は24時間営業のマクドナルドで一夜を明かしたという。

 当初はブランドを問わずに盗んでいたが、マ社製の買い取り額が高いと気付いてからは“同社専門”に。リサイクルショップに残った証拠品も14台中9台が同社製。計約10万円を荒稼ぎした(被害総額は約70万円)。

 2月上旬まで窃盗を続け、ベビーカー以外にもバイクのヘルメットやゴルフバッグ、スーパーの買い物袋など約30件を盗んだもようだ。なお、藤川容疑者には交際している女性がいるというが、子どもはいないという。

 2003年に国内輸入が始まったマ社製ベビーカーは、1台約3〜7万円と高額ながら、高いデザイン性と小回りの利く操作性で2〜3年前から人気に。同社の日本総代理店によると、現在は60〜70万台の市場で約20%のシェアを持っている。昨年11月には「商品で指を切断した」という米国でのリコール騒ぎが、国内に波及して売り上げを落としたが、今年に入って回復しているという。

 総代理店の担当者は「ベビーカーは家庭にとって、思い入れの強い商品です。被害に遭われた方にとっては、アルバムを取られたようなものではないでしょうか。ショックを感じております」とコメントしている。

 【関連記事】
マクラーレン リサイクルショップ ベッカム を調べる

「三原則への思い、欺いた」=密約存在に遺憾表明−長崎市長(時事通信)
<鶴岡八幡宮>大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台(毎日新聞)
<横転フェリー>4月中の撤去完了不透明に 解体業者会見で(毎日新聞)
日本イベント大賞 松山「俳句甲子園」に(毎日新聞)
<全日空>B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)

<日米密約>「文書公開が一番の意義」 有識者委会見(毎日新聞)

 密約を調査した有識者委員会のメンバーが9日、外務省で記者会見した。北岡伸一座長(東大教授)は「一番の意義は重要な文書が表に出ること。外交は国民の支持と合意を得てやるものだ」と強調。文書の組織的な破棄が疑われることについては「省を挙げた隠ぺいとは思えないが、結果的にはよくわからない」と述べた。

 また、72年の沖縄返還に絡み米国が支払うべき原状回復補償費を日本側が肩代わりした密約文書について「日本側に初めから存在しない可能性がある」と指摘した。文書は吉野文六元外務省アメリカ局長とスナイダー駐日米公使のイニシャルが署名され、米国で既に発表されているが、今回の調査で見つからなかった。聞き取り調査に応じた吉野氏は「(文書の)コピーを作成したとしても手元には置かなかった」と述べたという。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:長期の不明「遺憾」 公開ルール検討へ…外相
日米密約:再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成
日米密約:無利子預金問題は10日以降発表…財務相
日米密約:外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」
元駐日米大使補佐官:「岩国で核保管」66年に3カ月以上

漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)

漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)

 三陸沿岸に深刻な被害をもたらしたチリ大地震津波は6日、発生から1週間がたつ。養殖業を中心とした漁業被害額は宮城、岩手両県の5日までのまとめで、計約18億1000万円。全国有数の生産力を誇る豊かな海には被害を受けた養殖施設が、回収しきれないまま大量に漂っている。

 両県のまとめ(5日現在)によると、水産業への被害額は岩手が16億8390万円、宮城が1億2800万円。宮城では養殖施設の大規模な流出や漂流が確認された気仙沼市、塩釜市の被害算定が残されているため、被害額は今後、さらに十数億円規模で増加するとみられる。

 被害施設の回収・撤去作業は、津波にあおられたロープが海中で複雑に絡み合い、時間がかかっている。スーパーなどを中心に被災地域のホヤやカキを買い取り、漁業者を支援する動きも広がっているが、漁業者が高齢化する中、生産再開には長く険しい道のりが続く。


協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し−与党3幹事長が確認(時事通信)
<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)
<自民党>「ベテランはTV遠慮を」中堅から不満(毎日新聞)
チリが被害を抑えた理由は 建築に厳格な耐震基準 徹底した防災教育実施(産経新聞)
<野口宇宙飛行士>ISSに別れ 6月2日地球に帰還(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。